独自SSL機能が追加

エックスサーバーが独自SSL機能を追加し、さっそく導入しました。

スクリーンショット 2016-06-30 19.39.03

SSLとは、http://ではじまるURLが、https://でも使えるようになるということです。

“s”がつくだけですが、メリットがあり、セキュリティ強化、SEO対策にも効果があると言われています。

以前は銀行くらいにしかついていなかったけれど、これがデフォルトに今後はなるようです。

Xserverによると

お問い合わせフォームやブログのコメント欄など
情報を入力する機会が増え、より多くのWebサイトに対して
SSL暗号化通信の導入が望まれるものとなってきています。

また、大手検索エンジン会社ではWebサイトがSSL暗号化通信に
対応しているかどうかを検索順位の評価対象にすると発表するなど、
WebサイトにおけるSSL暗号化通信の重要度は増してきています。

しかしながら、手続きの煩雑さや費用面から、
WebサイトのSSL化が浸透しているとは言いがたい状況でした。

今回エックスサーバーでは、サーバーパネルからの簡単な操作のみで
ドメイン認証型SSL証明書「Let’s Encrypt」を
無料・無制限に設定できる機能を追加いたしました。

これにより、エックスサーバーで運用されているドメイン・サブドメインは
無料・無制限・簡単操作でSSL化することが可能となります。

これはありがたいですね。Xserverありがとう。

他社は月に2,000円とかかかりますよ。



弊社でホームページ制作の場合、このXserverのレンタルサーバーにデータを置きます。

自社で契約すると、年間15,000円近くかかるものが5,000円で利用できます。

レスポンスが早く、記事を書くときにもストレスがかかりません。

スクリーンショット 2016-06-30 20.07.01

制作会社の多くは月額3,000円〜5,000円などのメンテナンス比となっていますが、弊社はレンタルサーバー代だけで、ほかはいただいておりません。
(大幅なサイト修正はのぞく)