作りっぱなしは終わり 毎日の更新が大切

今までのホームページのように、いくら立派なお城のようなきれいなサイトを作ったとしても、年月かたち、メンテナンスしないと古くなります。

また人の行き来がないとどんどんその古くささが加速します。

人の行き来とは新鮮な情報です。

  • 例えば
    ダイビングサービスの日々の日記。どんな魚が見られてどんな経験をしたか
    新しく導入した機器やサービスの紹介
    お客さまからの喜びの声
    新しい画像
    イベントの告知

など。
これらを日々お客さまに提供することによって顧客がブックマーク、またはRSS登録し、定期的に見に来てくれます。

作りっぱなしのサイトは、2回目見に来て変化がなければ、もう次はないと言っていいでしょう。

SEO業者にお金を支払い、google対策をしてもらう時代は終わりました。

そのかわりに日々書き続けるという努力が必要となります。

参考
なぜホームページをCMS化するべきなのか